ベトナムのお菓子をお土産に。ココナッツ味特集

ココナッツオイルの写真

ベトナムに旅行を計画されている方は、どんなお土産をお探しでしょうか。もしベトナムらしいお菓子のお土産を検討されているならば、“ココナッツ”はいかがでしょうか。熱帯気候で育つ背の高いヤシの木は、南国の象徴としてお土産に相応しいことでしょう。

そこで、今回はベトナムの土産におすすめしたい、“ココナッツ由来”のお菓子をご紹介します。

1.ココナッツのお酒

ユーゴックのココナッツのお酒

メコンデルタ地方原産のココナッツのお酒土産は、メコンに来たベトナム人の定番土産です。一方メコンデルタ以外では、ホーチミンといえどもなかなか手に入らないのが難点(ハノイやダナンではなおさら)。

そこでおすすめしたいのが、ユーゴック(当サイト)のココナッツ酒。アルコール度数は通常の40度から日本人が最も親しんでいる25度に落としています。ココナッツの甘味は少なく、お酒好きの間でも好評ですし、なによりも“南国らしい”お土産としておすすめです。

2.ココナッツオイル

ココナッツオイル

ココナッツオイルは油として調理用に使うだけではなく、生食することもできるのはご存知ですか。通常の植物油よりもさらりとしていて、クセもありません。一般的にはブラックコーヒーに入れてスプーン一杯入れて香りを楽しむようです。

3.ココナッツ味のライスペーパー(お菓子用)

ココナッツ味のライスペーパー

ライスペーパーといえば、野菜や豚肉を巻いてヌクマムにつける、いわゆる“生春巻き”を想像しますね。しかし、近年はそのまま食べるお菓子用に加工されたものも多く売られています。

スーパーに行けば大判サイズのライスペーパーがあり、ココナッツの写真やイラストが映っているのがそれ。クレープの生地のような食感と味わい。そして、ココナッツの香りを楽しむことができます。ドリアン風味も人気です。

4.バイン・ユア・ヌン

ベトナム産ココナッツ煎餅

バインユアヌン(Banh dua nuong)と呼ばれるこちらは、ココナッツのクッキー。ベトナム産土産として、実は古くからあります。クッキーといっても固い食感で歯ごたえがあります。クッキーとせんべいの中間といった風です。コンビニにはありませんが、ローカルスーパーやメコンデルタの市場ではよく見かけます。

5.ココナッツキャンディー

ココナッツキャンディ

キャンディーといっても飴ではなくキャラメルタイプ。歯にくっつくので賛否両論ありますが、原料は主にココナッツの繊維のみで作られています。メコンツアーに参加すれば、このココナッツキャンディーが作られる工房を見学することができます。ココナッツを粉砕して繊維を熱して型に嵌めるだけ。ツアーでは直売もしていますが、スーパーで買うこともできます。

ベトナムと言えば「ココナッツ」。是非お菓子土産に買っていって

ココナッツを原料としたお菓子は、探せば他にもたくさんあることでしょう。スーパーでいろいろ探してみるのもいいかもしれません。ただ、熱帯に生えるココナッツのお菓子は、ハノイやダナンよりもホーチミンの方が断然見つけやすいです(北部と中部は熱帯気候ではないため)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

¥0(0)