ベトナムで買ったお酒を持ち帰る方法と注意点

ワインの写真

ベトナム旅行者の間では、お酒も人気のお土産の1つ。お酒をたくさん買って日本に持って帰ろうという人も多いでしょう。しかし、ふと疑問に思うのが、「お酒ってどれくらいの量を持ち込んでもいいの?」、「お酒は機内持ち込みできる?」というもの。

そこで、今回はベトナムで買ったお酒を日本に持ち帰るときの注意点などをお届けします。

お酒の免税範囲内

お酒の免税範囲は意外と知らない人も多い

まず知っておきたいのは、お酒の免税の範囲内。ベトナムで買ったお酒をお土産に日本へ持ち込む場合は、「760ml×3本」以内であれば、免税範囲となり特に申告などは必要ありません。一方、この範囲を超える分には、申告が必要となり、1リットル200〜600円の範囲で税金が発生します。

ただ、実際問題あまりにも大量に購入(数十から数百リットル)しない限りは、検査場でバレることもありません(苦笑)。

お酒の機内持ち込みは事実上不可能?

ベトナムはお酒も人気土産の一つ

続いて気になるお酒の飛行機の持ち込み事情をご紹介します。お酒問わず、飛行機の機内持ち込みは、「液体物100ml以下」と決まっています。もう少し厳密にいうと、1リットル以下の容器で100ml以下であり、また、容器にはメモリがついていて、きちんとその液体が100ml以下であることが証明されなければなりません。実際飛行機に持ち込める液体は免税店で買ったお酒くらいのもので、ベトナムのスーパーなどで買ったお酒は機内に持ち込むことができないと覚えておくといいでしょう。また、免税店で買ったお酒であっても、上記免税範囲を越えてしまうと、追加で税金を払うことになるので注意してください。

ベトナムで買ったお酒はチェックインカウンターで預けよう

ベトナム旅行中にお土産に買ったお酒は、スーツケースに詰めて、チェックイン時に受託手荷物としてカウンターに預けるようにしましょう。その際割れ物が入っていることを伝えれば、スタッフが“割れ物注意”のシールを貼ってくれます。

瓶などを割れやすいので注意を。おすすめの詰め方

お酒は大抵瓶に入っているので、スーツケースに詰めても割れることがあります。空港職員は非常に乱暴に預け荷物を扱い、蹴ったり放り投げたりすることもあるので、それを鑑みて対策をしなければなりません。

おすすめは衣類でお酒をぐるぐる巻にして、なおかつ“スーツケースの中央に詰める”こと。「とり出しやすいから」と間違っても端に詰めてはいけません。

まとめ

ベトナムで買ったお酒は、1.免税の範囲内に収める、2.スーツケースに入れてチェックイン時に預ける、3.瓶は衣類で巻いて荷物ケースの中央に詰める、以上のことを守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

¥0(0)