ベトナムのお土産に名物「フォー」はいかが

インスタントのフォー

ベトナム旅行では名物グルメをしっかりと堪能していってください。麺料理のフォーや生春巻きなどは定番中の定番。ベトナム滞在中、幾度となく食べる機会があることでしょう。

今回紹介するのは、その内の「フォー」をお土産に買って帰るための方法。日本でも麺料理は古くから食べられていて、ラーメンやそば、うどんなどさまざまな種類がありますね。しかし、フォーのような米粉由来の麺はありません。ベトナム独自で発展した名物グルメを是非日本に持ち帰ってください。

フォーをお土産に!買える場所はどこ?

スーパーに陳列されているフォー

ベトナム人にとって、フォーは気軽に食べられる大衆料理。屋台でも食堂でも100~200円程度で食べることができます。家庭ではあまり食べることはありませんが、もしベトナム人が自宅で食べる場合は、スーパーや市場で材料を買うのが基本となります。

旅行者の皆さんも、フォーをお土産に考えているならば、まずは最寄りのスーパーに足を運ぶといいでしょう。ベンタイン市場のようなローカル市場でもいいのですが、賞味期限が近かったり、切れている場合があるので、スーパーがおすすめです。

ベトナム名物のフォーの買い方!

フォーだけでもさまざまな種類がある

ベトナム人は一般的にフォーを作るときは生麺を買うのが普通です。しかし、賞味期限はその日限りなので、旅行者が生麺を買うのは現実的ではありません。

そこでおすすめなのが、フォーの「乾麺」と「インスタント麺」、「カップ麺」です。

自分用、家族用なら「乾麺」のフォーがおすすめ

近年は複数の食品メーカーから乾麺のフォーが出ています。平麺の半透明の麺が束になって袋に入っていて、500gで100~200円程度と価格は非常に安めです。お湯に茹でるとふやけてきて柔らかくなります。生麺と比べると、乾麺由来独特のコシを強く感じます。インスタント麺やカップ麺よりも、より本場のフォーに近い味を楽しむことができます。

ばらまき土産なら「インスタント麺(袋麺)」と「カップ麺」のフォーを買おう!

乾麺のフォーはあくまでもベトナム人の日常食品としての商品なので、他人に贈るお土産には相応しくありません。というよりも、贈った相手はスープを自分で作らなければならないので、ちょっと無理がありますね。

そこで、他人に贈るお土産であれば、おすすめなのが「インスタント麺(袋麺)」と「カップ麺」です。アジア旅行のお土産ではお馴染みかもしれませんね。スーパーやコンビニに行けば数十種類の即席麺があり、その中でフォーも数種類あります。

フォーの種類を知ろう

フォーの写真

「フォー・ボー(Pho Bo)=牛肉のフォー」「フォー・ガー(Pho Bo)=鶏肉のフォー」、「フォー・コー(Pho Kho)=汁なしのフォー」の3種類が基本です。是非全種類揃えておきましょうインスタント麺は50円以下、カップ麺は50~150円程度で買うことができます。カップ麺の方がスパイスやカヤクが多めでおいしいですが、スーツケースに何個も入れるとスペースがすぐに埋まってしまいます。メインは袋麺となるでしょう。

インスタント・フォーの味は?

袋麺もカップ麺もいずれも味や風味はそれほど変わらないでしょう。本場の生麺のフォーと比べると、正直味わいは全然異なります。あくまでも「フォーに似ている麺」と考えた方がいいかもしれません。贈る相手に「本場のフォーの味だよ!」とは間違っても言わないように(笑)

フォーの写真

お土産にフォーはおすすめ?

ベトナムらしさで言えば、少なくとも日本では買うことができないのでいいかもしれませんね。ただし、本当のフォーの味とはかけ離れていますし、乾麺はスープを自作しなければなりません。自分用ならベトナム旅行の思い出に耽りながら食べることができますが、他人にお土産として贈るのは少しためらった方がいいかもしれません。家族や友人へのお土産に留めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


¥0(0)