ベトナム旅行のお土産で『お茶』を買おう!

ベトナム旅行ではお土産選びも楽しみの一つです。雑貨天国と称されて1990年代以降人気の旅先となったベトナムですが、昨今旅行者のお土産として知られるようになったのが「お茶」です。日本でも古くからお茶の文化がありますが、ベトナムも実はお茶大国だということはご存知ですか。

今回はベトナム旅行者にお土産として買っていってほしい、ベトナムのお茶についてご紹介します。

実はベトナムのお茶の生産高&輸出高は日本より上!

実はベトナムのお茶の生産高&輸出高は日本より上!

お茶といえば日本や中国の文化と考えがちですが、実はお茶は世界数十か国に伝播されていて、生産高と輸出高の上位は中国、インド、ケニア、スリランカと東アジアはなんと中国だけ。

そして、日本は世界8位に対して、ベトナムはなんと世界6位。ベトナムの方が生産量は上なんですね。

ベトナムのお茶と今

ベトナムのお茶と今

ベトナムも日本と同じ中国からお茶の文化と習慣が伝播されてきました。日本ではレストランに行くとお冷が無料ででますが、ベトナムではお茶が普通です(お冷はミネラルウォーターのため有料となります)。そんなベトナムのお茶は実際日本にも多く輸出されているのですが、日本の茶葉と比べて品質が劣るため、基本はブレンド茶として容量の底上げに一役買っています。

しかし、ここ数年でベトナムの茶葉は非常に品質が高く、日本でも丸紅などの大手商社が仕入れに目を付けています。もともとベトナムは茶葉畑が非常に広大であることが魅力でしたが、加工工場や仲介業者の搾取により、品質とは不釣り合いな金額で売られていることが日本企業にとってネックでした。しかし、昨今は品質を保証する大手食品メーカーが茶畑を買取り自己管理するなどして、品質向上に取り組んでいます。

ハーブの女王はとっても健康的!「ノニのお茶」

ベトナム旅行で買っていってほしいお茶を紹介!

「ハーブの女王」と呼ばれる「ノニのお茶」はベトナムでも健康にとてもいいとして売られています。日本では沖縄で生産されていますが、それほど認知度は高くありませんね。しかし中国や韓国ではノニのお茶は非常に有名で、ベトナム産が安いことからまとめてお土産として買っていく観光客をよく目にします。

ベトナムの国花ハスのお茶「ロータスティー」

ベトナムの国花ハスのお茶「ロータスティー」

ベトナムを象徴する花でもあるハス(ロータス)はお茶としてもベトナム人に日ごろから親しまれています。こちらは日本ではほとんど見かけませんね。茶葉の中でもベトナムらしいお茶としてお土産にいかがでしょうか。ロータスティーにはグリーンティーとブラウンティーがあり、おいしいのは前者の方です。

お酒好きの人にはこちらをお土産に!ベトナム産「アーティチョークティー」

アーティチョークとはブロッコリーを大きくしたような見た目の植物で、気候柄日本では栽培ができないため知られていませんね。しかし、欧米ではアーティチョークのお茶葉非常に人気で、特にお酒好きの人が飲むと、肝臓によく、二日酔いにも効くと言われています。また女性にとっては便秘解消やデトックス効果もあることで知られています。ベトナムでは中南部高原地帯のダラットが一大産地となっていて、ベトナム全国のスーパーでアーティチョークティーが売られています。値段も数百円で買えるので、是非ベトナム観光のお土産に買っていってください。比較的飲みやすい味です。

日ごろお茶をあまり飲まない人にもおすすめ!「生姜茶」

日ごろお茶をあまり飲まない人にもおすすめ!「生姜茶」

こちらは生姜のお茶。日本では喉が痛いときや風邪気味のときに蜂蜜を混ぜて飲んだりしますよね。ベトナムでも似たような状況で飲むことはありますが、比較的身近なお茶でもあり、普段から飲まれています。仕事の打ち合わせや顧客との商談のときに出される飲み物としても、しばしばこの生姜茶が出てきます。

ベトナム観光のお土産にお茶を買っていこう!

ベトナム観光中、たくさんのお土産店を回るかと思いますが、そのほとんどでお茶の食品雑貨を見ることができるでしょう。もちろんスーパーでも買えますが、お土産店だとパッケージもベトナム旅行らしいデザインなので、他人に贈るお土産としてはこちらがおすすめです。是非ベトナム産のお茶をお土産に買っていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


¥0