ベトナム旅行のお土産でインスタント麺を買う場合のポイント

ベトナム旅行のお土産でインスタント麺を買う場合のポイント

ベトナム旅行のお土産として人気なのが「インスタント麺」です。コンビニやスーパーでもどこでも売っているし、1袋数十円で買えるので、まとめ買いにもおすすめです。そこで、今回はインスタント麺をお土産に買う場合のポイントをご紹介します。

インスタント麺を買うポイント① 壊れやすいのでバッグに入れるときは気を配って

インスタント麺を買う注意点① 壊れやすいのでバッグに入れるときは気を配って

カップ麺と袋麺の両方とも中の乾麺は崩れやすいです。せっかくたくさん買ったのに、日本に帰国後にバッグからインスタント麺を出してみたら、乾麺がこなごなになっていた……なんてことはしょっちゅうあります。旅行バッグやスーツケースに入れるときは、衣類などで包んで慎重に運んでください。

インスタント麺を買うポイント② 商品を選ぶときは値段をよく確認

インスタント麺を買うポイント② 商品を選ぶときは値段をよく確認

スーパーに行くと、数十種類のインスタント麺が棚に陳列されています。10以上の食品メーカーが出しているので、アイテム量は相当なもの。値段は安くて1個20~40円程度ですが、日本や韓国のメーカーのインスタント麺は、1個100円~200円程度となります。日本人の価値観からすると「そんなもんじゃない?」と思うかもしれませんが、安いものと比べた場合、値段が5倍から10倍違うのは見過ごしてはおけません。

インスタント麺を買うポイント③ フォーはフォーではない!

インスタント麺を買うポイント③ フォーはフォーではない!

「ベトナムで食べたフォーがおいしかったから、フォーのインスタント麺をたくさんお土産に買ってきた」という人もいるでしょう。しかしながら、これにはちょっと注意が必要です。筆者もたくさんベトナムのインスタント麺を食べ比べしていますが、これまで現地の屋台や食堂と同じような食感、味わいの商品に出会ったことはありません。味は悪くはないのですが、本場のフォーとはちょっと違うことは、贈る相手に伝えた方がいいかもしれません。

インスタント麺を買うポイント④ 正直言ってフォーよりラーメンの方がおいしい

インスタント麺を買うポイント③ 正直言ってフォーよりラーメンの方がおいしい

やっぱりベトナムに来たのだから、インスタント麺もフォーやブンボーフエといったベトナム麺を買って帰りたいですよね。しかし、正直言うと普通のインスタントラーメンの方がおいしいですm(__)m 現地のベトナム人も分かっているようで、やはり売れ行きが好調なのは、フォーよりもラーメンです。

インスタント麺を買うポイント⑤ インスタント麺で一番売れているのは、我らがエースコック様

インスタント麺を買うポイント⑤ インスタント麺で一番売れているのは、我らがエースコック様

現在ベトナム国内において、認知度99%、インスタント麺市場の実に7割を席巻しているのが、我らが誇る日本の食品メーカー「エースコック」です。そのエースコックが販売するブランド「Hao Hao(ハオハオ)」は爆発的な売れ行きです。是非たくさん買っていってください。

インスタント麺を買うポイント⑥ 酸っぱ辛いラーメンを試してみて

噂のハオハオ

日本にはあまりない種類かもしれませんが、ベトナムでは酸っぱいスープのラーメンが大人気。タイのトムヤンクンのような味わいで、酸っぱくて辛いのが特徴。最初はとっつきにくいですが、1つ2つ食べると、なんだか病みつきになってしまいます!ちなみに上記で紹介したハオハオブランドでもMi Tom Chua Cay という名で販売されています。「Chua=酸っぱい」、「Cay=辛い」となります。

ベトナムのインスタント麺は年々品質が高くなっている

日本のような生麺を使ったカップ麺などはまだほとんど出回っていません。スパイスやカヤクなども、日本のものと比べるとシンプルで目劣りする事実はあります。しかし、食べながら「あー、ベトナム懐かしいなあ」と思えるような東南アジアらしい味なので、是非お土産に買っていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


¥0