ベトナム旅行のお土産でおすすめのお菓子特集!注意点も紹介

ベトナム土産の定番コーヒーの写真

海外旅行ではお土産探しにも注力したいところ。ここベトナムは雑貨がとにかく多くて、とりわけ女性旅行者に人気でしたが、最近は伝統雑貨だけではなく、蜂蜜やチョコレートといったお菓子お土産もバラエティに富むようになってきました。

特に南部ホーチミンは取り分けお土産として押さえておきたい人気ブランドが成長しているように感じます。 そこで、今回は主にハノイ、ダナン、ホーチミンのいずれかのベトナム旅行でお菓子をお土産に買うときに、おすすめしたいお菓子を定番から珍しいものまで紹介。さらにお土産を買うときに注意してほしい事項お併せてご案内します。

チョコレートのお土産を買う場合は、「ベトナム産」であることに注意する

メイドインベトナムの写真

ここ1~2年で人気が急上昇したベトナム産のチョコレート。「マルゥ」や「フェイバ」チョコは旅行者にも人気となった代名詞的ブランドですね。いずれも外国人が立ち上げたブランドですが、旅行者のおすすめ土産の1つでもあります。また、ベトナム産のチョコレートは、スーパーに行けばこれ以外にもたくさんあります。 しかし、買うとときに気を付けてほしいのは、非常に種類が多いため、どれがベトナム産なのかパッケージを見ただけでは分からないということです。

ベトナムは元々外国産のチョコレートが商品の大半で、またベトナム産のチョコレートもお洒落なパッケージにするために欧米デザインを取り入れているものが多くあります。また、ベトナムらしいパッケージでも中身のチョコは欧米産というのも普通です。しっかりと裏を見てメイドインベトナムかを確かめましょう。包装には食品表示が記載されているので、それがベトナム語で印字されていたら間違いなくベトナム産。しかし、別途ベトナム語に翻訳されたシールが貼られていたら、それは輸入品の可能性が高いです。

小規模のお店でお土産を買うときは「賞味期限」に注意する

スーパーの棚の写真

ちょっと前まではスーパーでも時折見かけることがありましたが、小規模店やパパママストア、観光地にある小さなお土産店などはまだまだ陳列されている商品が賞味期限が切れていることがあるので要注意です。 裏には賞味期限(HSD)が記載されていますが、以外と探すと出てくるのが、賞味期限切れのお菓子。

買ったあとでも、店員が顔を覚えてくれていたら交換してもらうことができますが、レシートは持参がおすすめ。賞味期限切れのお菓子をベトナム土産に買って、相手に贈ってしまうと大変です。必ず注意しましょう。

ベトナムのお菓子には時々蟻が混入しているので注意する

チョコレートの写真

「市場や屋台、露店で買ったものなら分かるけど……」といったトラブル商品は、スーパーやコンビニでも時折見かけます。袋に穴が開いていて、いつのまにか蟻が混入していた……なんて日本ではちょっと考えられないことがベトナムではしばしば発生します。

特に他人に贈るお土産であれば、ちょっと怖いですよね。透明の袋に入っているお菓子の場合は、必ず外見だけでも確認するように注意しましょう。

ベトナムの市場でお菓子お土産は買わないよう注意する

雰囲気はいいが、買うのはちょっと……

そもそも論として、ベトナムの市場でお菓子のような口に入れる食品の購入はおすすめしません。市場は御覧いただくと分かるのですが、衛生管理、品質管理というものとはまったくの無縁。 湿度の高いベトナムで、さらにむっとする暑さの市場に、野ざらし状態にコーヒー豆やドライフルーツ、ナッツ類が陳列されています。

自分用のお土産ならともかく、旅行土産として相手に贈ることを想定するお菓子であれば、おすすめできるものではありません。また、お土産用の袋や箱もなく、普通のビニール袋に詰められてお終いですので、パッケージからしてお土産としてはおすすめできませんね。

ベトナム産のコーヒー豆はお土産用であってもしっかりしたお店で買う

コーヒー豆の写真

ベトナムの特産であるコーヒー豆は、ハノイ、ダナン、ホーチミンなど全国のお土産店で販売されています。きちんとしたお土産店ならまだしも、そこらへんの市場や個人商店でコーヒー豆をお土産として買うのはあまりおすすめできません。

コーヒー豆は風味が命なので、しっかりと管理していなければすぐに味が劣化してしまいます。また、高級コーヒー豆のコピルアクの偽物も多数回っているようです。高いものだと、100gで1000円以上するものもざらにあるので、コーヒー豆をベトナム旅行のお土産に買いたい方は、必ずコーヒー豆の専門店で買うようにしましょう。

初めてのベトナム旅行で押さえておきたい定番のお菓子お土産

ここではベトナムに初めて訪れる旅行者向けに、定番のお菓子のお土産と珍しいお土産に分けてご紹介します。まずは定番のお菓子お土産からいってみましょう!

1.ベトナムの伝統お菓子と言えば定番のドライフルーツ

初めてのベトナム旅行で押さえておきたい定番のお菓子お土産

初めてのベトナムであれば、その国の伝統のお菓子をお土産に買って行きたいと思うものですよね。ただし、ベトナムの伝統のお菓子のほとんどは賞味期限が数日程度なので、お土産におすすめできる商品はそれほど多くありません。

その中でもおすすめしたいのが「ドライフルーツ」です。定番のお菓子でありながら乾物なので賞味期限も長めです。いろいろなベトナムのメーカーが出していますが、最大手は「vinamit」。コンビニやスーパーなどどこでも買うことができます。

2.ハノイ旅行者必見!定番土産のバインチェーラム(Banh Che Lam)

2.ハノイ旅行者必見!定番土産のバインチェーラム(Banh Che Lam)

もっちりとした緑豆風味の歯ごたえと蜂蜜の香りがするバインチェーラムは、昔からあるベトナム伝統のお菓子。ハノイが発祥ですが、全国で買うことができます。ただしお土産パッケージされているものはほとんどないので注意も必要。茶請けのようなお菓子のため、どちらかというとお年寄りにおすすめのお土産です。

3.チョコレートはベトナムで人気のブランドがおすすめ

3.チョコレートはベトナムで人気のブランドがおすすめ

上記の注意事項でも紹介しましたが、チョコレートもやはり南国土産としておすすめしたいところ。チョコレート自体は西洋の文化ですが、その原料となるカカオは高温多湿のアフリカ南米東南アジアが原産です。ベトナムにも全国にカカオ農家があります。

ただし、チョコレートをベトナムで買うときは注意も必要。安いベトナム産はおいしくないですし、高いものは500円くらいします。ばら撒き土産としてはおすすめできる値段ではありませんし、それほど味が変わるわけでもないのが残念ですが、それでも1つは買ってほしいお土産にあることには変わりありません。

4.ハスの実も定番お菓子の1つ。ベトナム土産には欠かせない

4.ハスの実も定番お菓子の1つ。ベトナム土産には欠かせない

日本人の感覚だとおつまみといえばピーナッツや柿の種などですが、ベトナムで昔から食べられているのが、こちらの「ハスの実」です。おそらく今まで食べたことがない、という人も多いことかと思いますので、ベトナムに来たら、お土産として幾つか買っておきましょう。こちらもコンビニやスーパーでも変えます。

5.中高年世代におすすめのお菓子土産「バインピア(Banh Pia)」

5.中高年世代におすすめのお菓子土産「バインピア(Banh Pia)」

バインピアはスーパーや小規模商店に行けば必ず買えるお土産で、南部のメコンデルタ地方の名物土産となります。賞味期限は10日ほどと短いのがネックですが、それでも買う価値はあります。こちらは緑豆をベースにしたお饅頭なので、主にお年寄り世代に受けるお土産となります。ただし、最近は若者や旅行者向けにチョコレートやカスタードクリームを具にしたバインピアもちらほら見かけるようになりました。伝統にこだわらなければ、こちらもお菓子のお土産としておすすめできます。

珍しいベトナムお菓子土産はコレ!すべておすすめできます!

続いてご紹介するのは、ベトナム旅行者におすすめしたいお土産の中でも、ちょっと珍しいお菓子に関して。珍しいといっても、それは日本人にとってであり、ベトナム人にとってはお馴染みや伝統のお菓子でもあります。

ここで紹介するお土産はすべておすすめできますので、是非余すことなく買っていってみてはいかがでしょうか。

1.ただの蜂蜜じゃない!「非加熱」が売り。絶対おすすめできるお土産

1.ただの蜂蜜じゃない!「非加熱」が売り。絶対おすすめできるお土産

ただの蜂蜜であれば日本でも気軽に買うことができますね。しかし、「非加熱の蜂蜜」を食べたことがある人はそれほど多くないはずです。というのも、ベトナムでは非加熱蜂蜜は普通ですが、日本で買える蜂蜜はすべて熱処理が加えられていたり、砂糖や添加物が含まれているのが普通です。これは日本人が求める「すべての商品の味や色を統一するため」です。

ベトナムでは古くから健康食として蜂蜜は非加熱で食べられてきました。しかし、旅行者向けのお菓子お土産としてきちんとパッケージ化された商品はこれまでありませんでした。そこに目を付けたのが、ユーゴックです。

2.日本人絶賛のお菓子お土産「バインケップゴー(Banh kep ngo)」

個人商店やベトナム現地に特化したお菓子屋さんでよく見かける「バインケップゴー」は、日本人旅行者及び在住者が絶賛するお菓子お土産の1つ。日本語に訳すと“焼きクレープ”という意味で、さくっと香ばしいクッキーはバニラエッセンスが効いていて非常に美味しいです。口の中でとけるように薄い生地が層になって重なっているのが特徴。

ちなみに上記で紹介したユーゴックでもバインケップゴーのお土産としての商品化が進んでいますのでご期待ください。

3.最近は蜂蜜味もおすすめ。「カシューナッツ」

3.最近は蜂蜜味もおすすめ。「カシューナッツ」

カシューナッツはベトナムの特産の1つで、輸入をしている部分もありますが、総合的な輸出量はなんと世界1位。ピーナッツよりも風味があって香ばしいので飽きることがありません。また、最近は蜂蜜や塩唐辛子でコーティングしたものも出回るようになりましたので、若い方でもお菓子感覚で食べることができます。できれば通常の塩風味と併せて買って、食べ比べをしてみることがおすすめです。

4.ナッツの王様「マカダミアナッツ」もおすすめのお菓子土産

4.ナッツの王様「マカダミアナッツ」もおすすめのお菓子土産

ナッツの王様と呼ばれるマカダミアナッツは、日本では殻が剥かれた状態で売られているのが普通ですね。ベトナムでは殻剥きもありますが、おすすめしたいのは殻付きの方。ナッツだけしか取れないオイルが詰まっていますし、風味も長持ちします。ユーゴックで販売しているマカダミアナッツは、中南部のダクラック省と呼ばれる標高の高い山岳地帯の、さらに奥まった田舎地域のとある農家から直接仕入れています。

5.老若男女におすすめできるお菓子お土産の「バインスア」

ⒸDo Milk
Do Milk

ベトナムでは昔から「バインスア」と呼ばれるミルク風味の焼き菓子が人気です。子供がおやつに食べたり、大人のお茶請けとして親しまれている伝統のお菓子。「バイン=パン、スア=ミルク」なので、バインスアといってもいろいろな種類があります。スーパーやお土産屋に行って、伝統的なベトナムパッケージをみて選ぶのがおすすめの買い方。

ベトナム旅行でお菓子お土産を買う場合のポイント

今回はベトナム旅行者向けに、お土産に相応しいお菓子をご紹介しました。ベトナムの旅先でお菓子をお土産として買う場合のポイントは、「旅行者向けにベトナムらしいパッケージがされているお菓子を買う」ことです。まだまだ観光開発の段階であるベトナムでは、簡素な袋や箱に入った不愛想なパッケージが多く、ちょっとお土産には不適格なものが多く見受けられます。パケ買いをおすすめするわけではありませんが、見た目品質はそれなりに重要視した方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


¥0