ハノイ市内でお土産ショッピング!おすすめ買い物エリア

ハノイ旧市街の様子

ハノイ旅行に来たら、楽しみにしたいのがお土産ショッピングですね。観光の半分はハロン湾やニンビン省などの世界遺産観光をして、残りの半分は市内観光を楽しむのがおすすめです。

ハノイ市内の観光エリアはホアンキエム湖を中心に北部にタイ湖、西にホーチミン廟と広く名所が分布しているのが特徴。しかし、お土産の買い物におすすめのショッピングエリアは限られているので、ここでしっかりと覚えておきましょう。

ばらまき土産や伝統&定番雑貨は「ハノイ旧市街」で!

ハノイ旧市街の雑貨店

ホアンキエム湖北部に広がる「ハノイ旧市街」。首都タンロン時代の一大商業区域で、同城の城下町でもありました。かつては36の組合があったことから、ハノイ36通りとも呼ばれています。

旧市街で販売しているサンダル

そのハノイ旧市街は南部及び東部にかけてが旅行者向けの観光エリア。カウゴー通りやマーマイ通りを中心に雑貨店が数十軒並んでいます。いずれも旧家を雑貨店に改築しているので、ワンフロアの狭い面積にぎゅうぎゅうに雑貨が敷き詰められています。伝統の陶磁器のバッチャン焼きや置物、刺繍ポーチ、籠バッグといった定番物から、マグネットやポストカード、キーホルダーといったばらまき土産はここで調達するのがいいでしょう。

日本人旅行者に一番人気の買い物エリアはココ!「ハノイ大教会周辺」

ハノイのニャートー通り

ハノイ大教会正面のニャートー通り(Nha Tho St,)や、教会を横切るリークオックスー通り(Ly Quoc Su St,)といった通り沿いには、10ちょっとの雑貨店があります。

ハノイのハンガイ通り

その他にも旅行者向けのベトナム料理レストランやカフェ、マッサージ店などもあるため、日本人にとっては最大の買い物エリアとなるでしょう。人気の雑貨店はクマのぬいぐるみが人気の「ナグ(nagu)」や日本人旅行者に特化した雑貨&お菓子土産を販売する「あじさい(ajisai)」など。ゆっくりと買い物をした後は、カフェでお茶をしながら次の行動予定を考えるといいでしょう。さらにハノイのシルクロードと呼ばれるハンガイ通りは洋服店の宝庫。数十の服飾雑貨店がありますので、こちらも要チェックです。

個性豊かなハイセンスなお土産を探すならココ!「タイ湖東部」

ハノイのタイ湖

ハノイで最も広いタイ湖は歩いて一周するとなると半日がかり。しかしご安心を。旅行者向けのお店は東部に集中しています。パンパシフィックやシェラトン、インターコンチネンタルといった5つ星ホテルがある周辺を湖沿いに歩いてみましょう。小さな雑貨店をいくつか見つけることができます。

ハノイのタイ湖周辺のカフェ

こちらは主に欧米人旅行者に人気のよう。ベトナムらしさはあまりないかもしれませんが、ハンドメイドの1点物や個性的なデザイン雑貨などを見つけることができます。

ハノイ旅行で効率良く買い物をするコツ

今回ご紹介したうち、旧市街とハノイ大教会周辺エリアは徒歩で行き来することができますので、この2つは同日に行くことをおすすめします。ニャートー通りにある雑貨店は値段は少し割高かもしれませんが、その分良質な雑貨の仕入れに力を入れているので、友人や職場の人など、他人に贈るお土産はここで買い物するのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


¥0(0)