ホーチミンのお土産にコーヒーはいかが。ベトナムコーヒーの概要

コーヒーの写真

「コーヒーの生産高、及び輸出量世界1位はどこ?」と聞かれると、真っ先に思いつくのは「ブラジル」ではないでしょうか。コーヒーに関して詳しくない方でも、なんとなくブラジルを筆頭に南米はコーヒー豆の栽培が盛んなイメージがありますね。

事実、世界第1位はブラジルとなっています。では、世界第2位は?
答えは「ベトナム」です。

あまりコーヒーのイメージはないかもしれませんが、実はベトナム産のコーヒー豆は日本にも多く輸出されています。昔からベトナムで栽培が盛んなロブスタ種は、値段が安価なため欧米に多く輸出されている背景もあります。

そんなベトナム産のコーヒー豆は、ホーチミン旅行のお土産にもぴったりです。

ホーチミン旅行で、コーヒーは市場とスーパー、雑貨店、どこで買うべき?

ホーチミンのショッピングセンター

旅行者がお土産を買う場所としては、「市場」、「スーパー」、そして「雑貨店」が挙げられますね。ホーチミンのベンタイン市場へ行くと、コーヒー豆を幾種も販売しているお店がずらりと並んでいるエリアがあります。

一般的にはコーヒー豆を野ざらしにして空気にたくさん触れると、しけってしまいますし、風味も落ちてしまうのでおすすめはできません。ただ、ロブスタ種は非常に強い生命力を持っているコーヒー豆の種類なので、多少なら問題ありません。市場で買う際はしっかりと香りを確かめるようにしましょう。

ただし、他人へ贈るお土産として購入するならば、やはりスーパーや雑貨店でしっかりと包装&パッケージされているものを買ってほしいところです。

ベトナムらしいパッケージデザインを求めるなら雑貨店がいいでしょう。多少割高ですが、お土産用のパッケージデザインの箱に入ったコーヒーを買うことができます。

ホーチミンでは、お土産として人気のコーヒー

ベトナムコーヒーの写真

ホーチミンにはさまざまな種類のコーヒー豆が売っています。リスのコーヒーやジャコウネコのコーヒーなどは希少価値が高いことから、高級コーヒー豆として知られています。ただし、これらは台湾やインドネシアといった別の国の発祥でもあるため、本当の「ベトナム産コーヒー」を買いたいのであれば、普通のロブスタ種、もしくはアラビカ種がおすすめです。

ロブスタ種

軽い口当たり、きりっとした苦い味、独特の舌触りなどに特徴を持つロブスタ種。ベトナムは古くからコーヒー豆の栽培が盛んでしたが、アラビカ種を大量生産できる品質がなく、言ってしまえば「簡単に育つたくましいロブスタ種」をひたすら栽培していました。

現在では世界に流通しているロブスタ種の6割から7割はベトナム産とも言われているほど。

アラビカ種

日本人が普段飲んでいるコーヒーですね。世界で最も流通し、親しまれている種類でもあります。

ロブスタ種、アラビカ種と一括りにしても、産地やコーヒー農家によって味は全然異なります。風味だけで味が決まるものではないので、おいしいか否かは実際飲んでみないと分かりません。

ホーチミン旅行のお土産にインスタントコーヒーもおすすめ?

ベトナムコーヒーの写真

お土産店やスーパーに行けば必ず売っている「G7」という銘柄は、ベトナム最大手の高級カフェチェーン「チュングエンコーヒー」のブランドです。

コーヒーと砂糖の入った2in1、ミルクが追加された3in1などがあり、日本の通販サイトでも販売しているほど有名です。1つ1つ包装されているので、ばらまき土産や会社へのお土産にもぴったりです。

コーヒーをベトナム土産として買う際はフィルターもつけよう!

大型のスーパーで買うのであれば、コーヒー豆(ホール)をグラウンド(挽き豆)にすることもできます。また、せっかくなのでベトナム製のフィルターも買っていってほしいところ。アルミやスチール製のコーヒーカップに載せて抽出する方法で、フランス統治時代に持ち込まれたベトナム伝統のフィルターです。

ホーチミン観光のお土産にコーヒーは最適

今回ご紹介したように、コーヒーはベトナムらしいお土産の1つ。ただし、予め贈る相手がコーヒーが飲めるか確かめるのはお忘れなく。

また、コーヒー豆をたくさん買うと、持ち込みの際検疫検査が必要になることもあります(バレたら)。お土産はコーヒーで統一するのではなく、少量程度に留めておくのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


¥0(0)