ハノイのノイバイ空港でお土産は買える?営業時間も解説

nobai

ハノイのノイバイ空港は旅行者にとっての空の玄関口。日本の大成建設が手掛けたとあって、日本でもよくCMが流れていましたよね。そのノイバイ空港は旅行者にとって最後のベトナムの時間。搭乗時間までベトナム旅行を楽しみたいですよね。そこで、今回はノイバイ空港内の様子とお土産事情をご紹介します。

>>ダナン空港でお土産は買える?営業時間なども解説

ノイバイ空港でお土産を買おう

ノイバイ空港でお土産は買おう

ノイバイ空港は2015年に大成建設が新ターミナルを建設。これまで600万人の収容を1600万人に拡大し、世界で注目されました。そのノイバイ空港は格安航空会社(LCC)や世界中の経由便が通過するハブ空港としての役割もあるため、朝から晩まで非常に多くの旅行者で混雑しています。

お土産になりそうなものは少な目?

お土産になりそうなものは少な目?

ノイバイ空港にはお土産店自体はたくさん営業していて、最後のお土産調達の場としても有りです。ただし、よくよくみると、その多くは海外輸入系のお菓子やブランドショップが占めていて、ベトナムらしいお土産が売っているところはそれほど多くはない印象です。

ベトナムらしいお土産といえば、おすすめなのがアオザイ人形や木彫りや陶磁器の小物アイテム。もちろんこれらもノイバイ空港のショップで買うことができます。また、お菓子類であればチョコレートやクッキーといったギフトやベトナム産茶葉など。茶葉は日本では珍しいハス茶やアーティチョークティーなどがおすすめです。ただし、いずれも市内のスーパーで買うよりも2倍近く高くなっています。

ブランド品は免税店でも安くない?

ブランド品は免税店でも安くない?

「海外の空港は免税だから、ブランドの服飾や化粧品を買う」という人も多いですね。しかし、免税という好条件を含めても、ハノイのノイバイ空港で販売しているブランド品はそれほど安くはありません。むしろ日本で普通に買った方がお得なのでは?と思うこともあります。

もしハノイのノイバイ空港でブランド品をお土産に買うならば、それは安く買えることを目的とするのではなく、『限定品を買う』ことを目的に買い物するといいでしょう。化粧品は国際空港限定品がありますし、アパレルメーカーでは東南アジア限定モデルなどがあります。

ハノイのノイバイ空港にあるお店の営業時間は?

ハノイのノイバイ空港にあるお店の営業時間は?

ハノイのノイバイ空港には50以上のお店が営業していますが、基本的な営業時間はお店によって異なります。大体の目安は朝6時頃から、閉店は23時~24時。お店によっては朝8時くらいから営業開始するところもあります。

レストラン&カフェはたくさんある

レストラン&カフェはたくさんある

一方でレストランやカフェなど休憩処、食事処はたくさんありますので困りません。ハンバーガーなどファーストフードもありますし、フォーや生春巻きが食べられるベトナム料理レストランもあります。ベトナムドンと米ドルを使うことができるので、最後にあまったお金をここで使い切るといいでしょう。

できることならハノイ市内でお土産は調達して

今回紹介して分かったように、ハノイのノイバイ空港は確かに拡張工事後は非常に広くなりましたが、それでもお店の数は限られていますし、何時間も居れるところではありません。もちろんお土産品は値段も高くなっていますし。できることならば、ハノイ市内でお土産は調達することを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA


¥0